銀行口座を開く

銀行口座の種類

アメリカの場合、個人向け銀行口座は大きく2種類があります。

  • Checking Account
    チェック(小切手)を発行できる利子のつかない口座
  • Savings Account
    チェックは発行できないが利子のつく口座

学費や家賃、公共料金の支払いはチェックで行うことが一般的です。
まずは、チェッキングアカウントを開設しましょう。

ハワイの主な銀行

口座を開く場合は、ATMが各所にある、ある程度大きな銀行を利用するのが良いでしょう。
ハワイの場合、以下の4つの銀行がおすすめです

  • Bank of Hawaii
    SWIFT BOHIUS77 / ABA 121301028
    boh.com
  • Central Pacific Bank
    SWIFT CEPBUS77 / ABA 121301578
    centralpacificbank.com
  • First Hawaiian Bank
    SWIFT FHBKUS77 / ABA 121301015
    fhb.com
  • American Savings Bank
    SWIFT なし / ABA 321370765
    asbhawaii.com

銀行口座を開く際に必要なもの

  • パスポート
  • I-20
  • ハワイの住所
  • 電話番号

銀行口座を開設するには本人が銀行に出向く必要があります。
口座名義人が18歳未満の場合は、保護者も一緒に銀行に行く必要があります。

海外送金の方法

海外の銀行に送金する場合は、以下の情報が必要です。

  • 相手先銀行名
  • SWIFTコード
  • 支店名
  • 口座番号
  • 口座名義

日本からハワイに送金する場合は、口座にマイナンバー登録することが必要です。
手続きに時間がかかるので、お早めに手続きすることをオススメします。

チェックの書き方

デビットカード/クレジットカード

デビットカードは、キャッシュカードにクレジットカードの機能を追加したものです。

自分の口座からお金を引き出す他、口座残高の範囲内でお店で直接買い物をすることができます。

クレジットカードはクレジットヒストリーがある程度つかないと、アメリカでは手にすることができません。
機会があれば、最初は少額でも構わないので、アメリカのクレジットカードを作られることをオススメします。

日本のクレジットカードは、アメリカのクレジットヒストリーには全く関係しません。