就職を考える

アメリカで就職する

ビザをどうするか?

アメリカで就職する場合、一番大きな問題となるのがビザです。
大学の専攻を元に、H-1Bで専門職のビザをとる場合、アメリカ人で代替が見つかる程度のスキル、給与条件では、なかなかビザを取ることが簡単ではありません。

受け入れ先の企業でも、ビザは一つのリソースですので、貴重なビザ枠を提供してくれることは非常に稀です。

OPTの場合は、開始前から、終了後のことを考え、研修先を探しましょう。

求人の多い職種

全米で見ると、IT系のエンジニア、データアナリスト、プログラマなどの分野は根強い人気があります。給与条件も比較的高いのでビザの取りやすい職種です。

ハワイに限定すると、ホスピタリティ業、レストラン業などの求人は多いです。
ただし、給与水準がそれほど高くはなく、アメリカ人での代替がしやすいので、ビザは取りにくい業界です。

日本で就職する

日本で就職するのは、アメリカで就職するよりはるかに簡単です。
専攻に加え、英語力を活かした仕事を見つけたいですね。

現在は、外資系でなくとも、外国とのコミュニケーションが必要なビジネスは数多くあります。

資格

アメリカで取得できる資格には、アメリカでも、日本でも仕事に活かせるものは沢山あります。