専攻を考える

STEM to STEAM

アメリカの私立校を視察するとどの学校でもMathとScienceにいかに力を入れているかというアピールがあります。
アメリカ社会、産業界が特に求めているのが理系人材で、それが学校のカリキュラムに反映されているわけです。

理系科目は一般的にScience (科学)、Technology (技術)、Engineering (工学)、Math (数学)の頭文字をとって、STEMと呼ばれています。
STEM分野の人材は企業からの引く手あまたで、高額の給与待遇を期待できます。

2016-2017年度はSTEMはSTEAMに進化してきています。ここで追加されたAはArt+Designです。理系要素にデザイン要素を加えることにより、受け入れられやすい、使いやすい、美しい製品やサービスを提供するという考え方です。

AIの発達となくなる仕事

コンピューターの処理能力の低減とAIアルゴリズムの進化により、AIが一般専門職の技術を超える分野が出てきています。

AIの進化は、子供が成長するに従い獲得する能力と同様の道を辿り

  1. 画像処理
  2. 運動処理
  3. 言語処理

の順に進化すると考えられています。

2017年版アメリカで注目の職種11

職種 年俸
1 Data scientist データ サイエンティスト $110,000
2 DevOps Engineer 開発運用エンジニア $110,000
3 Data engineer データ エンジニア $106,000
4 Tax manager タックス マネージャー $110,000
5 Analytics manager アナリティクス マネージャー $112,000
6 HR Manager 人事マネージャー $85,000
7 Database administrator データベース管理者 $93,000
8 Strategy manager ストラテジー マネージャー $130,000
9 UX Designer ユーザー エクスペリエンス
デザイナー
$92,500
10 Solutions architect ソリューション アーキテクト $125,000
11 Marketing manager マーケティング マネージャー $90,000

CBS Money Watch

http://www.cbsnews.com/media/the-best-11-jobs-in-america-for-2017/