OPT – Optional Practical Training

OPT – Optional Practical Trainingとは、卒業前と卒業後、企業に就職し、学校で学んだことを実践の中で試す機会です。

OPTの期間

卒業前のOPTと卒業後のOPTを合計して最大1年間
STEM専攻は24ヶ月の延長あり

OPTの対象

  • CollageやUniversityで1年以上学んだ学生、上の学位習得ごとに12ヶ月取得できる
  • 最低1年間以上アカデミックコースを履修していること
  • フルタイムでCurricular Practical training (CPT)をとった学生はOPTの機会を失う
    パートタイムのCPTはOPTの機会を失わない
  • 雇用は学生の専攻からみて適当なものでなければならない
  • 雇用は有給でも無給でも構わない
  • 必須条件ではないが、申請前に仕事が決まっていることが望ましい

OPT申請のプロセス

  • United States Citizenship and Immigration Services (USCIS)は、学生のプログラム終了日の90日前から、60日後まで申請を受け付ける。この範囲を超えての申請は無効となる。
  • USCISの審査には最大90日程度かかる。
  • $410の申請費用がかかる。
  • 学生はOPT開始日と終了日を決めなければならない。またこの日は変更できない。
  • OPTの申請が承認された場合USCISからEmployment Authorization Document (EAD) カードが送付される。
  • OPT終了後は、60日間の猶予期間内に米国を出国するか、他の学校に転入するか、ビザのステータスを変更する必要がある。

OPT申請に必要な書類(KCCの場合)

  • 学校に提出するOPT Application Form
  • USCISの申請書類I-765
    https://www.uscis.gov/i-765
  • I-20のオリジナルと全ページコピー1部
  • パスポートの写真のページのコピー1部
  • I-94のコピー(前後、スタンプが読み取れること)
  • パスポートサイズの写真2枚 2 x 2 インチ (51 x 51 mm)

 

Social Security Numberの申請

OPTでは通常企業から給与が支給されるため、Social Security Numberの取得が必要です。

EADカードを受領後申請が可能となります。

OPT受け入れ企業の見つけ方

学校の掲示板、フリーペーパーやCraig’s Listで探しましょう。

Kapiolani Community CollegeのOPT案内書類

参考までに、KCCのOPT案内書類をご覧ください。

Optional_Practical_Training_OPT.pdf