大学入試におけるソーシャルメディア

Education Postによると、ハーバード大学はソーシャルメディアに不適切な投稿をした少なくとも10名の新入生の合格を取り下げたそうです。

Harvard has withdrawn offers of admission to at least 10 students who traded sexually and racially charged memes in a private Facebook group.

http://blogs.edweek.org/edweek/high_school_and_beyond/2017/06/harvard_withdraws_acceptance_of_students_in_Facebook_group.html?cmp=SOC-EDIT-FB

先日のレポートでは、ビザ申請時の、ソーシャルメディアに対するチェックについてもお知らせしました。
今後は、ますますこの様なチェックが厳しくなると予想されます。

投稿する前に。もう一度見直す習慣が必要ですね。

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です